2008年03月31日

icon Googleマップの地形図

Googleマップを良く使う。

地図の右上に3つのスイッチがある。
「地図」「航空写真」「地形」
gmap01.gif

それぞれ使いたい画像を選べる。

普段の目的は、行き先の駅からの道順が一番多い。
道や道しるべを知りたいから、航空写真や地形より地図が良い。
ほとんとこれで事足りる。

今回は使う目的がちょっと違ってた。

数年前に羽田-福岡の飛行機から見た山がきれいだったので、写真に撮った。
季節はちょうど今頃の季節。
山は詳しくなく、どの辺りだかさっぱり判らない。
きれいな山々なんだけど、いったいこれはどこの山なんだろう。

そこでGoogleマップに地形図があるのを思い出して飛行経路の山脈の地形図を出してみた。

すごい!山の稜線の形ですぐ判った。
南アルプスだったんだね。これ。

salps01.jpg


大きな地図で見る

以降が、それぞれの「地図」「航空写真」「地形」リンク。
航空写真は、最初地名が入っていて、それが邪魔で判りにくかったんだけど、「航空写真」ボタンにマウスカーソルを持っていくと、「地名を表示」をOn/Off出来るんだね。
これなら写真でも判りやすい。

ちなみに下がそれぞれの画像のリンク。

「地図」
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.560719,138.193588&spn=0.170648,0.196381&z=12
「航空写真」
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.560719,138.193588&spn=0.170648,0.196381&t=h&z=12
「航空写真」-地名を表示しない
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&t=k&ll=35.560719,138.193588&spn=0.170648,0.196381&z=12
「地形」
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&ll=35.560719,138.193588&spn=0.170648,0.196381&t=p&z=12

航空写真を見ていると、ほんと、素人目にも神々しい山だね。


(ここから追記)

ちょっと覚書。

手前の立派なのが東岳、並んで左に前岳、
奥に板屋岳、大日陰山、
小河内岳、烏帽子岳、本谷山、権右衛門山、
そして立派な塩見岳、、、、

その先、ずっと凄いね〜
posted by tess at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13347177

この記事へのトラックバック