2008年10月11日

icon ロジクール MX1000 バッテリ交換

前にも書いた通り、ロジクールのハイエンドマウス信者。

tess's waves: ロジクール MX-1100

いよいよ、愛用 MX1000 の充電池が一日持たなくなってきた。

mx1000.jpg
ロジクール MX1000

こうなると、普通なら修理に出して内臓バッテリを交換してもらうことになるんだけど、以前家で使っていた MX1000 をロジクールのサービスに出したら、
『MX1000はもう修理できません。新型のMX Revolutionを代品として送ります』
と言われて、それを貰った。


Logicool/ロジクール MX REVOLUTION(MX-R)
楽天だと、9,780円
[PR]

MX1000は2つ持っていて、一個は仕事用一個は自宅用。
ホント気に入ってたんだけど、使えないんじゃしょうがない。
電池がまだ生きている方を使っていたんだけど、とうとう寿命。
新型の MX-1100に移行かな、と思っていたところ、MX1000の電池交換をしたというサイトを発見。

UMS: MX1000 バッテリー交換:その1その2その3
monta@site » MX1000の電池交換

なんと
・MX1000のバッテリは、富士フィルムのデジカメ、FINEPIXのバッテリNP-120と大きさ、定格が一緒。
・NP-120は4,500円位するが、サードパーティ製ならかなり安いらしい。

ふむふむ。
ロワジャパン ROWA JAPAN デジカメバッテリー NP-120
これだと、送料込みで 850円!!
むっちゃ安いやないかぁーい!

早速購入して、速攻で交換作業。

ほぼ上のサイト通りなんだけど、いくつか補足的に説明を加えとくです。

mx1000_01.jpg

バッテリから伸びる3本のケーブルと3Pコネクタは、元のバッテリから外して再利用した。
水色のケースを大型のカッターとマイナスドライバで割った。手を切らないように注意。
基板から半田コテでケーブルを外す。
半田の周りにシリコンコートしてあるから、先のとがったものでコートをはがしてからコテを当ててね。

mx1000_02.jpg

バッテリには回路も入っているし、コテを長く当て過ぎるのは避けなきゃいけないけど、端子は半田も乗りやすく、慌てる必要は無い。
先に端子に半田をなじませて、きれいに乗ったらケーブルを付けてやると写真のようにきれいに出来る。
ケーブルの出方が多少違うので長さが足りなくなることを心配したけど、ぜんぜん問題なし。
わざわざコネクタを新しくしたり、ケーブルをつなげて伸ばしたりする必要はない。

mx1000_03.jpg

マウスのお尻側からケーブルを出す。
長さ的に問題なし。

当たり前だけど、バッテリ完全復活!
なんだかレスポンスすら良くなったような気がしちゃう。
(これは多分気のせいか?)

これで MX-1100 を買う理由が無くなっちゃったな。
MX Revolution 、予備として新品でもう一個あるんですけど。。。
でも、無駄でも新しいの使って見たい気もする。。。


ロジクール MX1100 コードレスレーザーマウス
楽天だと、6,300円
[PR]

参考にさせて頂いたサイトの方、感謝です。
UMS (Useless Member of Society)
monta@site
posted by tess at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20741942

この記事へのトラックバック