2008年12月30日

icon ダウンライトLED化検討中

自宅の電球は、ほとんど電球型蛍光灯に代わった。
かつて蛍光灯と言えば明るくなるのに時間が掛かるイメージがあったけど、今の蛍光灯はほとんど瞬時に点灯する。


東芝ネオボールZリアル 60W形電球色 EFA15EL12R
楽天だと、724円
[PR]

なにせ電球型蛍光灯は省エネである。
消費電力:約1/5、寿命:約6倍、発熱量:約1/5。
あとは値段なのだが、下の普通の白熱灯と比べると値段は約7倍。
交換の手間を考えれば、寿命だけでペイする。
あとは、消費電力分お得な勘定。代えない手はない。


最もポピュラーなシリカ電球
東芝 ホワイトランプ 60W形
楽天だと、105円
[PR]

大掃除をしていて気づいたのだが、うちの白熱灯も全部はエコ化できて居なかった。

downlight.jpg

上の写真のようなダウンライトが蛍光灯化できていないのだ。
どうしても蛍光灯はダウンライトのように照らし出すスポットライト的な照明に向かない。

調べてみると、そういう用途の照明は蛍光灯ではなくLEDで各社から商品化されているようだ。

LED照明器具 エバーレッズ(EVERLEDS)|パナソニック電工
東芝ライテック(株)|T.LEDs|E-CORE|

うちのダウンライトを調べてみると、埋め込み穴 100mmのものがそのまま交換できるみたい。


東芝 LEDダウンライト E-CORE 60Wクラス
楽天だと、16,464円
[PR]

他にも、埋め込み器具を代えずに電球部分だけでも可能らしい。


TOSHIBA(東芝ライテック)
E-CORE 電球形LEDランプ
ミゼットレフ形 60W相当(口金E26)
電球色相当 LEL-SL5L-F/2
楽天だと、7,980円
[PR]

うーん、こっちの方が楽だな。でも、埋め込みごとの方がカッコイイな。
てか、まだ高いな。。。むむう

関連記事:
コラム: 【特集:電球形蛍光灯】[第1回]最新電球形蛍光灯の外見を比較
コラム: 【特集:電球形蛍光灯】最新モデルが勢揃い、電球形蛍光灯カタログ
コラム: 【特別企画】電球形蛍光灯、どれを選ぶ?
ITmedia +D LifeStyle:電球ソケットで使える“LED照明”を使ってみた (1/2)
LEDダウンライト「E-CORE」シリーズに60W相当モデルを追加 | 家電 | マイコミジャーナル
東芝、2010年度までに白熱電球の製造を中止
posted by tess at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイテム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24915205

この記事へのトラックバック